情報局TOPへ


『実際に働くといくらもらえるの?』という質問が多いので・・・・


★【研究】 キャバクラのお給料

★お給料・・・お給料は『完全日払い』『週給(これが一般的)』『月2回(15日〆)』

        などの支給日がありますが・・

        ホステスさんは働くための出費が意外とかかるものです

        なるべくなら毎日でもお給料の方が良いとおもっているんではないでしょうか?

        そしてお給料は現金支給がほとんどです

        振込みにしないのは、手数料がもったいないのも理由の一因ですが、

        万が一 徴収するコトが起きた時

         (ペナとかの清算など、)一度振り込んでからの徴収は無理だからです。

         あとは急にホステスさんがバックレたりする場合とかを想定して

         お給料はお店に取りに来させないといけない・・そんな理由からだと思います

       

お店によって金額は全然違うので参考にならなかったら、ごめんなさい!

★時給・・・☆キャバクラの時給はホステスさんによって個人差があります

       ☆求人広告の平均だと、時給3500円(1日6時間だとして、21000円)くらいです。

        繁華街の有名店だと、お客の入りやレベル、お店の料金にもよりますが、

        5000円、6000円ぐらいもらっているのコもいますし、

        TV・雑誌などのメディアにも出ているコには10000円以上もらっているコもいます。

       ☆時給が高ければ高いほど、お客さんの指名や来店をお店から要求されるものです。

       ☆キャバクラはクラブみたいに永久保証制ではありません。

         普通は最初の数ヶ月や半年くらいで保証の見直しが行われます。

        売り上げと指名個数・勤怠・期待度・まじめに努力しているか・などを

        総合して店長が最終的には判断すると思われますが、

        公平性も重んじるため、一応明確なお給料UPやDOWNなどの目標はあります

       ☆指名・売り上げなどの査定が関係ないのは、新人や例外な取り決め(勤務日数や

        時間が少なく、査定の判断対象にならないなど・・)のコぐらいです。

        皆お給料一緒だと、誰も努力をしなくなるし、頑張ろうという気がなくなるハズですから

      ☆あまり騒がれてはいないですけど・・・

        どこにいってもNO,1をとれる(キャバクラからクラブに転身したとしても)

        ぐらいのコで時給20000円(風俗のコよりももらっていたり)というコが

        知っている中で存在します(単純計算しても時給20000円ということは、

       もし新人さんが2500円の場合、8倍頑張らなきゃいけないことになります)

         あとは 裏で月数十万〜百万単位でお客さんから、サポートしてもらっているコも

         極めて稀ですが確かにいます。

     ☆自分のお給料を他のホステスに言うのはタブーです。

      自慢しようと、仲の良いコに お給料の中身などを話してしまうと後で、トラブルの一因となるでしょう。

      女性の妬みや嫉妬は恐ろしいですから・・・(笑)大変です

    ☆入店時、他店経験者には、前給を考慮した(経験・実績・お客の有無)時給を提示され、

     働くことになるのですが、お店が期待していた分の保証給とそのコの頑張りがあまりにも

     かけ離れると、話し合いの上 普通は保証・時給ダウンとなります。

      1回の給与ダウンで辞めてしまうコは 『あのこはどこの店でもそうなんだっ・・・』と

      お店側は判断をして、入店させてしまったことを後悔をしてしまうことにもなります

     ☆水商売で働いて日数が2年でも、3日でも経験者には変わらないのですが・・・

      過去何千人とホステスを扱っている店長には大体そのコのレベルはわかるのわけで

      嘘をついてまで、高い時給交渉をする経験の浅いコは

      仕事ぶりがばれてしまい長続きしないでしょう。たぶん・・・


★歩合・・・☆指名バックや同伴バック、売り上げレースや、指名のTOP賞金など・・・

       お店側が意欲つけのためにも様々な方法で歩合というものを支払っています

      ☆支払いに関して言えば、

        その歩合の現金がお給料日に足されたり、終礼のあるお店なら、皆の前で手渡したり

        現金でなければ、お給料の査定として、時給UPに繋がったりと様々です

      ☆例を挙げると 指名バックであれば、お客さんから指名料3000円

       頂いてその中から1000円・2000円とかのがホステスさへのバックとなります。

     ☆場内指名はバックになるお店・バックなしのお店・一定の個数からのバック発生など・・

       のパターンがありますが 本指名よりは歩合としての待遇はよくないです。

     ☆また同伴の例にたとえると、同伴で出勤する場合は

      入店時間を1時間遅く入れたり(時給も付きます)・

      小計・総売りの何パーセントバックとか1回何千円とかのの歩合になります。

     ☆逆にお店によっては時給を高く設定しているので、バックが一切ないというところもあります


ペナルティー・・☆勤怠(当日休む・遅刻をする)や指名を取る日(例えば金曜の忙しくなるとお店側が

          想定した日)同伴する日・出勤する日などがあります。何もないところももちろんありますが・・

          大抵のお店はあるでしょう。頑張らせるためにも規律にもなりますので・・・

          ☆お店側がどうしても売りたい日は強制でイベントなどにペナを設定するものですが

          しかしあまりにも、その強制の部分が多いとホステスの不信感にもなってしまう・・

          そのバランスを保つのがお店側の采配だと思います

        ☆雇う側にしてみれば特に遅刻は『普通に時間に来るだけだろっ?遅刻するな!』

         と思われるし、また

          『高い時給を払っているのに・・なんで遅刻なんだぁ??』と当たり前のようにも思われます。

         
          その理由から高い時給に対しての高い金額のペナルティーとなります

情報局TOPへ

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー